道交法改正と自転車の14の危険行為

目安時間:約 3分
  • 人気ブログランキング

平成27年6月の道交法改正に伴い、自転車の交通違反の中でもとくに危険行為とされる14項目赤切符の対象になります。

自転車の具体的な危険行為とは

信号無視

当たり前ですが、自転車も含め歩行者も信号は守らなければなりません。

通行禁止の無視

原則車道の左側を通行しなければなりません。

歩行者用道路で歩行者への注意を怠る

歩行者専用道路では徐行(すぐに止まれるという意味)して、歩行者と衝突しないように十分に注意しなければなりません。

通行区分を守らない

自転車マークで自転車用の通行区分が指示されているはずですので、守らなければなりません。

路側帯で歩行者の通行を妨げる

歩道を複数台で並走することはもちろん、歩行者優先なので、歩行者の通行を妨げてはなりません。

踏切の強行突破

遮断機が下がってきたら踏切への進入を直ちにやめてください。

もし事故が起きれば、鉄道会社や乗客などに多大な迷惑をかけることになり、損害賠償の問題も発生します。

交差点を通行するとき他車の進路を妨害

自転車は車両という区分なので、自動車やバイクと同等であるという意識を持つ方がよさそうです。

交差点で右折するときに直進車や左折車の進路を妨害

進路変更する場合は、斜め後ろの死角も確認して、事故を未然に防ぐことが重要です。

環状交差点で他車の進路を妨害

常に安全を確認して、事故を未然に防ぐことが重要です。

一時停止の無視

一時停止線が設けられているということは、見通しが悪いなど何らかの意味があるはずですので、安全を確認してください。

普通自転車で歩道通行する際に通行方法を守らない

歩道では徐行する速度で運転しましょう。

歩行者にとっては猛スピードで後ろから抜かれると恐怖ではある。

あるいはひったくりかと勘違いしてしまう。

ブレーキ不備

一般道では、子供が飛び出す、高齢者がイキナリ倒れるなど不測の事態がおこります。

レース場では参加者は一定の規則に従っていますが、

一般道ではさまざまな人がいて規則を守ろうという意識が弱いと思うので、

私は一般道のほうがレース場よりも危険だと思います。

飲酒運転

自転車は車両だし、実際に死亡事故も起きているので、危険だとの意識を持ちましょう。

安全運転義務違反

かなり大雑把な書き方ですが、安全運転に努めよということです。

まとめ

14項目の具体的な危険行為ということでしたが、いっぺんに覚えるというのは現実的ではないでしょう。

代わりに、①安全確認と②他社へ迷惑や威圧感を与えない、ということを肝に銘じて運転すれば、いいかと思います。

私は免許を取得して20年以上たちますが、交通規則をだいたい守って安全確認は常に行っているので、無事故だと思いますよ。

スポンサードリンク

  • 人気ブログランキング

タグ: 

カテゴリ:自転車 安全第一 

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ