傘地蔵で自転車運転の取り締まり強化に対抗する

目安時間:約 3分
  • 人気ブログランキング

平成27年6月より自転車の運転に関して罰則された。

片手運転は取締の対象で、当然ながらモノを持ったり、傘をさしたりしながらの運転も取り締まりの対象となります。

自転車に乗りながら傘をさす

どうしても傘をさしながら自転車に乗らなければならないという方のための商品レジャーハットを発見しました。

それがこちらの画像です。



気のせいか、マネキンの視線もキリリとしています。

本来は自転車用ではなかった

通販サイトの説明文にもあるとおり、コートで紫外線を広範囲にカットし、

釣りやキャンプなどで直射日光を避ける時に最適であるとのことから、

自転車用として開発されたわけではないので、いろいろと不都合はあると思います。

強風には弱そう

強風が下側から入ってくると吹き飛ばされそうです。

顔も濡れそう

自転車は動いていますので、肩から下は濡れそうな気がします。

ちょっと恥ずかしい

見た目が時代劇に出てくる人みたいで、恥ずかしい感じです。

カッパがいいかも

このレジャーハットを使うよりも、ふつうの作業用カッパの方が安全だし、雨に濡れずに済みそうです。

新しく珍しい商品ということで飛びつく癖のある方は要注意です。

レジャーや釣りには良さそう

本来はレジャーや釣り用に作られただけあって、これらの用途には役に立ちそうです。

カッパを着ると暑い場合などに活躍しそうです。

釣りをする場合には、魚に見つからないように迷彩柄がいいかもしれません。

こちらで購入できます

必要という方は、アマゾンや楽天の販売ページを掲載しておきます。

レジャーハット 傘帽子 伸縮性 迷彩 ポリエステル 釣り用
by カエレバ

まとめ

どうしても雨の日に自転車に乗るなら作業用カッパが安全だと思います。

スポンサードリンク

  • 人気ブログランキング

タグ:  

カテゴリ:安全第一 

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ