お盆のろうそくによる火災

目安時間:約 3分
  • 人気ブログランキング

この前テレビでやっていましたが、お盆にはろうそくを原因とする火災が発生しやすいとのことです。

参考動画


具体的には以下の原因で火災が発生しやすいようです。

意外な着火原因もある

ろうそくによる火災の原因を細かく調べてみると、以下のように分けることができます。

ろうそくが倒れる

ろうそくが倒れてしまうことで、周りの可燃物に引火してしまう。

ろうそくの火が飛ぶ

ろうそくを使い切るときに火がはじけて、周りに燃え移ることがある。

ろうそくの火が燃え移る

ろうそくの火がお供え物などの包装紙などに燃え移ってしまう。

ろうそくが倒れる

強風などにより、ろうそくが倒れる。

風で可燃物がろうそくの火に触れる

強風などにより、可燃物がろうそくの火に触れて燃え移ってしまう。

袖に火が燃え移る

ろうそく越しにモノを取ろうとして、袖に火が燃え移る。


ろうそく火災を防ぐには

ろうそくを使わずに例えばLED電池式のろうそくを使う方法が一番かなと思います。


3,000円くらいするようですが、家を全焼させるよりはだいぶマシです。

しかもLEDなので、省電力なのもいいです。

さらにはリモコンで点灯するものもあるようですので、ますます便利になります。

まとめ

お盆のろうそくによる火災にはろうそくを使い切るときに火がはじけて、周りに燃え移るなど、意外な原因もあったりします。

やはり火は危ないので、支障がなければLED式などに替えるべきではないでしょうか?

身の周りに危険なもの(鋭利な金属、火、電気などなど)があれば、どんどん排除すべきと考えます。

スポンサードリンク

  • 人気ブログランキング

カテゴリ:お盆 

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ