ゴキブリ退治は9月も継続を!

目安時間:約 3分
  • 人気ブログランキング

ゴキブリを生きたまま越冬させないこと

9月に入って涼しくなってきました。それに伴い、ゴキブリなど家庭内の害虫も少しは減ってきていると思われます。

しかし、安心しきっている場合じゃないですよ。

ゴキブリは夏に繁殖し、寒い冬を家の中でひっそりとやり過ごそうとしていますが、ゴキブリを生きたまま「越冬」させないことが、来年のゴキブリを激減させるポイントなのです。

というわけで、ゴキブリ対策はこれからの時期、とくに9月、10月も気を抜けません。

ゴキブリはじっと待っている

家庭内に潜伏するゴキブリは「クロゴキブリ」「チャバネゴキブリ」の2種類。

いずれも気温25度以上で活発になり、夏にMAX元気になる。

それでは、気温が下がる秋以降には死んでしまうのかというと、そうではない。

じつはゴキブリは、そのまま部屋の片隅などにじっと留まって寒い冬を耐え、暖かくなる春を待っているのです。

ゴキブリなどの害虫駆除剤「バルサン」のウェブサイトにも

「一般的に、春~夏にかけて害虫駆除をされる方が多いのですが、実は害虫駆除のポイントは「秋」であるといっても過言ではありません! ポイントを押さえた的確な駆除で、快適な生活を送りましょう」
バルサンHPより


とあります。

秋の繁殖を阻止する

家庭によく出るクロゴキブリは、冬の間は卵や幼虫の状態で生き延びています。

このため秋に繁殖できなければ、ゴキブリの越冬は失敗に終わるはずです。

そのため秋に幼虫や成虫を徹底的に駆除しておけば、来春のゴキブリの数をかなり抑えることができるなずなのです!!

実は、ゴキブリを駆除するのに秋はとても重要なタイミングなのです。

ゴキブリをしっかり退治するなら、黒または赤のバルサンによる「お部屋まるごと退治法」がオススメです。

また、ゴキブリ以外の衛生害虫にも幅広く効果が得られます。

バルサンの一覧表(バルサンのHPより)

バルサンは楽天でも購入することができます。

季節ごとの対処法

3月~5月(先制駆除)

先制駆除とよばれ、活動前の退治対策が効果的です。

7月~8月(最盛期対策)

最盛期対策とよばれ、最盛期には外からも侵入してくるので、見つけ次第徹底的に退治します。

9月~11月(越冬対策)

越冬対策とよばれ、冬の繁殖を抑えます。

生き残りを越冬させない工夫が必要。

まとめ

ゴキブリは暖かくなる時期をじっと待っています。

夏が過ぎてみなくなったからと言って、死んだわけではありません。

秋にしっかりとどめをさして、少しでもゴキブリを減らそうではありませんか!

スポンサードリンク

  • 人気ブログランキング

タグ:

カテゴリ:9月 10月 ゴキブリ対策 

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ