花粉症とその対策

目安時間:約 4分
  • 人気ブログランキング

花粉症とは

植物の花粉が、鼻や目などの粘膜に接触することによって引き起こされ、発作性反復性のくしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみなどの一連の症状が特徴的な症候群のことです。

原因となる樹木

花粉症は、おもにスギなどの花粉(抗原)が原因となって起こるアレルギー疾患の一つです。

スギによる花粉症は冬の終わりから春にかけて、くしゃみ・鼻みず・鼻づまりなどの症状で多くの人を悩ませています。

またスギのほかにもヒノキ、イネ、ブタクサ、ヨモギなど約50種類の植物が花粉症を引き起こすとされています。

外出時の花粉症対策

空気中に飛散している花粉が粘膜(目・鼻・のど)に入り込むのを防げばいいので、現在ではメガネ・マスクが商品化されており、花粉が粘膜に付着しても症状を緩和するための点鼻薬やハーブティーなども商品化されています。

メガネ


通常のメガネはレンズ周りが無防備なため、花粉がどんどん入り込んでくるのですが、花粉対策メガネであれば、レンズの周囲から入り込まないような工夫がされているため、花粉が目の粘膜に付着する可能性を低減させます。

マスク

マスクでも防ぐことが可能ですが、口の横を開放してしまうと効果がありません

最近では鼻マスクと言って鼻の穴に入れて使うマスクがあります。

一応目立たないように無色透明の部品を使っていますが、気になる方は通常のマスクを使って隠すのもいいと思います。

天然アミノ水鼻ぬーる

鼻ぬーるは、卵白から独自の製法で抽出したタンパク質を含む天然アミノ水でできています。

このアミノ水を鼻に塗ることで、粘膜トラブルをケアし、つらいムズムズがスッキリします。

100%天然の原料ですから、副作用の心配もなく小さなお子様や妊婦の方も安心して使用でき、

眠気に襲われることがないので仕事中や運転中にも使うことができます。

1日3~4回、たっぷりと使い続けることがポイントです。

家での花粉症対策

洗濯物

この時期には外に干すことはできません。乾燥機などで乾かしましょう。

帰宅したら

外では花粉を浴びている可能性があるので、自宅に入り前に衣服に付いた花粉をしっかり落としてから部屋に入ること。

ハーブによる緩和

ハーブによる緩和も有効なようで、ウィキペディアに以下のように記載されています。

ハーブによる発症抑制、緩和が注目されている。抗アレルギー作用のあるネトル、抗ウイルス効果の高いエルダーフラワー(ニワトコ、英: Elder flower)、免疫力を強化するエキナセアが特に注目されるほか、鼻通りを良くするペパーミントや鼻の粘膜に効くレモンバーム、鼻炎に効果の高いカモミールや殺菌力で知られるユーカリ、気管支炎に良いとされるブルーマロウ(ウスベニアオイ、英: Malva sylvestris)、目の粘膜を強くするアイブライト(コゴメグサ、英: Eyebright)などにも緩和効果があると話題にされることが多い。いずれも健康茶の域であって、ステロイド剤のような強力性や漢方薬ほどの薬用性、即効性はないが、シーズン中の常用茶として利用することに有意義性がみられる。最近の流行で、ハーブティー専門店にてこれらハーブが調合されたブレンドティーが多く発売されている。


※文中の青文字は楽天の商品にリンクされています。

まとめ

花粉の種類によっては秋ごろまで花粉が飛びますが、特に春先には症状を訴える人が多いです。

しっかり対策を行って、快適に過ごされてください。

スポンサードリンク

  • 人気ブログランキング

タグ:

カテゴリ:健康 2月 3月 4月 

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ