季節の変わり目は血管に要注意

目安時間:約 3分
  • 人気ブログランキング

季節の変わり目に頭が痛くなる仕組み

季節の変わり目に頭が痛くなる、という方も結構いたりします。

実はその原因の多くは、血管の働きにあるようです。

猛暑の夏が去って、朝夕に気温が急に下がったり、

あるいは、

春先になって、昼間がやたらポカポカと暖かくなったり

すると、

気温の変化に対応するために、血管は収縮したり拡張したりして体温を調整しようとします。

その働きが急激に起こることで、神経が刺激されて頭痛につながってしまいます。

このとき、血管には大きな負担がかかります。

血管は、カラダの隅々まで血液に乗せて酸素や栄養を送りますが、

血管の不調は、動脈硬化や脳卒中などの病気の原因になることもあります。

毎日を元気に過ごすには、血管に負担をかけないように普段から習慣が大切です。

血管に負担のかかる生活習慣

以下に注意すべき習慣と、その解決策をすべてではありませんが列挙してみましたので参考にしてください。

外食が多い


食事の味付けが濃い

しょうゆ、ソースなどの塩分を減らす

ストレスを感じやすい


ヘビースモーカーである

タバコは減らして、電子タバコなどに置き換えてみては??
国内電子タバコブランド【JPvapor 公式】

運動はほとんどしない

手軽に始めることができるウォーキングなどはオススメ

野菜をあまり摂らない

青汁などを利用するといいでしょう
ステラの贅沢青汁は粒タイプなので、携帯にも便利です。


お腹いっぱい食べてしまう

こんにゃく製品はお腹で膨れるので、カロリーの割りには腹持ちします。
スーパーなどでこんにゃくゼリーなども購入できますが、最近ではごはんに混ぜるこんにゃくも販売されています。
美味しいこんにゃく米なら

飲酒は毎日

休肝日を設ける

健康が大事

病気になってしまうと、これまで普通にできていたことができなくなってしまいます。

しかも、一度かかってしまうと完治しなくなる病気もあります。

普段から健康な状態を保つように心がけた習慣を実践すれば、有意義な毎日が過ごせるでしょう。

これからもご安全に!!

スポンサードリンク

  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ