電源不要シャワートイレをユニットバスに取り付けた

目安時間:約 5分
  • 人気ブログランキング

私のところのトイレはユニットバスで、もともとはシャワートイレなんてついていませんでしたが、

 

商業施設など他所で使うシャワートイレ(ウォシュレットという名前が一般的ですかね?)が余りにも快適なので、

 

是非ともウチにも導入したいと考えました。

 

ユニットバスにはウォシュレットはダメ

ユニットバス内にはコンセントが無いので、穴をあけて電源を確保すればいいかなと考えていました。

 

念のため家電量販店で訊いてみましたが、実はユニットバスには電源を使う製品はダメということが分かりました。

 

理由は、ユニットバス内は湿気がこもりやすいため、短絡や漏電などが起こる可能性が高いとのことでした。

 

一応ネットで調べてみた

調べてみたところ、実は電源不要のシャワートイレがあるとのこと。

 

早速アマゾンで調べると下記商品を見つけました。

 

シャワーは水圧で動作させる仕組みだそうです。

 

電源不要シャワートイレ [並行輸入品]
by カエレバ

 

ウチのトイレには取り付けができるのか?

並行輸入ということは外国規格だから合わないのではないか?

 

などなど、いろいろと考えましたが、レビューによればどのトイレにでも設置できるとのこと。

 

ということで注文してみました。

 

シャワートイレが届いたので取り付けた

当初心配していた取り付けについては、ベンザヒンジ部は調整範囲が大きいため、日本国内規格であれば取り付けることは可能です。

 

しかし、いくつか問題点もあります。

 

給水部が片方のみ

写真のように水道を供給するのは向かって左だけなので、付属のホースは使えずホームセンターでフレキを別途購入して取り付けました。

 

また分岐させるために、元の配管を一部切って短くする必要があったため、ディスクグラインダーも使用しました。

 

ディスクグラインダーが無ければ、金ノコでもOKです。

 

それから切り口はヤスリで最後に整える方がいいです。

 

どちらか選べるように選択式に改善してもらいたいです。

 

電源不要シャワートイレ

色がホワイトのみ

上の写真でもわかりにくいですが、シャワートイレがホワイトですが、便器本体はアイボリーなので色が合いません。

 

ただし、照明がオレンジ色の電球色で、ワット数が低く若干暗いため、色の差はそれほどは気になりません。

 

他にも色を増やしてほしい。

 

操作レバーがショボい

操作レバーは金属製ではなくプラスチックを塗装しています。

 

しかも塗装していない部分も丸見えなのでショボい感バッチリです。

 

ここは金属を使う方が良さそうです。

 

フチが合わない

下記写真のように、シャワートイレのフチの方が小さいので便器本体のフチがはみ出してしまっています。

 

ここも要改善点です。

 

 

温水は使えない

電源を使っていないため、当然ながら温水も出ません。

 

お尻の一部分だけにかかるのでガマンできないくらい冷たいということはありません。

 

寒い地域の場合はどうなんでしょう?一部分だからやっぱり大丈夫でしょうか??

 

この部分は改善は難しそうです。

 

欠点はあるがやっぱり良い!

いろいろと欠点はありますが、使ってみると以下のようにやっぱり便利です。

 

キレイに洗える

水で洗うので汚れをキレイに洗い流します。

 

紙の節約になる

何度も拭かないでいいので、紙の節約になります。

 

3回くらい拭けば大体OKです。

 

下痢の時には大助かりだと思います。

 

時間が短くなった

水で大まかに洗い流しているので、それだけ拭く時間も短くなりました。

 

まとめ

いろいろと欠点はありますが、トイレがかなり快適になったのでまぁまぁ満足です。

 

ユニットバスにシャワートイレを導入したいという方は参考にしてみてください。

スポンサードリンク

  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ