義理チョコで円滑な人間関係を・・・

目安時間:約 2分
  • 人気ブログランキング

毎年2月14日になるとバレンタインデーが訪れ、チョコレートの話題で持ち切りになります。

女性が本命の男性の渡すのが本来の姿だったのですが、私個人的にはチョコレート業者も売り上げをあげるために消費者を煽りまくったためだと考えています。

なので、過度な感情を込めずにサラッと流せばいいのではないでしょうか?

意図的に2月14日には異性のいるところには行かないというのもひとつの方法ですが、学校や職場などではバレンタインデーのチョコレートを渡したくないという理由では休むのは難しいと考えます。

例えば、ある職場では円滑な人間関係を維持するために義理チョコOKで、一個あたり500円以下など上限を決めて女性社員全員でお金を出し合って、男性社員に配布したりしています。男性としては100円や200円のチョコレートでももらうとうれしいものです。

ちなみにこういう職場はホワイトデーには同じようにお返しをする習慣がおおいようです。

学生だったらブラックサンダーとかなら20〜30円くらいなので、軽い気持ちで渡せると思いますよ。要は駄菓子でいいんですよ。他ににたような駄菓子であれば黒棒とかうまい棒のチョコレート味とか、いろいろと選択肢は見つかるものです。

このような安い品物で人間関係が円滑になるなら安いものです。

スポンサードリンク

  • 人気ブログランキング

タグ:

カテゴリ:2月 

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ