読売巨人(ジャイアンツ)@沖縄キャンプの楽しみかた

目安時間:約 2分
  • 人気ブログランキング

平成22年(2010年)4月に沖縄セルラースタジアム那覇が完成し、翌年2月から読売巨人(ジャイアンツ)のキャンプ場となりました。

県外からお越しの方は、タクシーの運転手に奥武山(おうのやま)と伝えたり、モノレールでくる方は奥武山公園駅でおりればすぐそこです。

さて、沖縄セルラースタジアム那覇は那覇市内しかもほとんど中心にあるので、とても便利です。周辺の地図は下記をどうぞ。





大きな地図で見る

さて、ここの球場は規模的には⬇こんな感じです。ウィキペディアより

両翼:100m、中堅:122m

内野:クレー舗装、外野:天然芝

収容人員:30,000人(内野固定席15,000人、外野15,000人収容)

照明設備:内野スタンド庇上投光器2基、外野照明塔4基(最大照度:投捕間2,000Lx)

スコアボード:全面フルカラーLED方式

これだけ充実した設備ですので沖縄でも公式戦が開催されるに至ったわけです。

巨人の選手の宿泊先は波の上のロワジールなどが実績がありますが、移動などを考えると今後も那覇市内のホテルでしょう。県外からお越しの方はロワジールもいいでしょうが、沖縄セルラースタジアム那覇の道向かいにあるホテルパークスタジアム那覇というビジネスホテルがオススメです。駐車場も無料ですし・・・モノレール駅も近いし便利です。ちなみに那覇市内は朝8時頃と夕方5〜7時頃はとても混んでいるので車での移動は控えた方がいいです。

県外の方にも那覇市の渋滞は有名なので、この時間は徒歩やモノレールでの移動がよろしいです。

巨人の選手たちの練習風景を楽しんだら、那覇市内の観光地を巡ってみてもよろしいですな。国際通りや首里城が有名ですが、特に首里城は荘厳な雰囲気でオススメ。料金などの情報は首里城公式サイトにてご確認ください。

スポンサードリンク

  • 人気ブログランキング

タグ:

カテゴリ:プロ野球キャンプ 2月 

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ