沖縄の梅雨明け

目安時間:約 2分
  • 人気ブログランキング

停滞前線が沖縄付近に出現しだすのが5月はじめ、それから1ヶ月くらい沖縄付近で停滞して北上して梅雨明けとなります。

ちなみに梅雨入りと梅雨明けについては沖縄の地域行事と関連付けられています。

梅雨入りの目安➡那覇ハーリー(毎年新暦5月3日~5月5日)

梅雨明けの目安➡糸満ハーレー(毎年新暦6月上旬)

梅雨のときには確かに湿っぽいですが、暑くなければ割と過ごしやすいです。ひんやりして気持ちいいときもありますが、ここで注意があります。

それはハブとゴキブリが活発に活動する時期にもなるということです。

ハブに咬まれて処置が遅れてしまえば、咬まれた部分のタンパク質が変質する場合があります。

ゴキブリは5cmくらいあって本州のゴキブリとは大きさが違います。また、元気だと飛んで向かってくるので気持ち悪くてしょうがありません。毒はないでしょうが、衛生的にイヤです。



那覇ハーリーとは

毎年新暦の(5月3日~5日)に那覇市にある那覇新港埠頭(安謝新港埠頭:あじゃしんこうふとう)で行われる。要するに港の岸壁で行われます。那覇ハーリー会場内では、ハーリー競漕のほかにもハーリー船への体験乗船や、地元沖縄の人気芸能人による音楽ライブ、お笑いステージ、沖縄角力(かくりき。琉球相撲のこと)の試合などイベントが盛りだくさん。夜(午後8:45〜午後9:00頃)には花火が打ち上がり、見応えたっぷりなのです。

糸満ハーレーとは

毎年旧暦の5月4日(だいたい6月上旬)に糸満市糸満漁港中地区内ではサバニと呼ばれる舟で競争して大漁と航海安全を祈願して行われます。

糸満ハーレーの特徴はアヒルを海に放して、つかみ取りをやっています。そのあとのアヒルはアヒル汁になったりするのでしょうか?

沖縄の競漕は地域によってハーリーといったり、ハーレーといったりしています。

スポンサードリンク

  • 人気ブログランキング

タグ: 

カテゴリ:5月 6月 

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ