ゴキブリ退治は9月も継続を!

目安時間:約 3分

ゴキブリを生きたまま越冬させないこと

9月に入って涼しくなってきました。それに伴い、ゴキブリなど家庭内の害虫も少しは減ってきていると思われます。

しかし、安心しきっている場合じゃないですよ。

ゴキブリは夏に繁殖し、寒い冬を家の中でひっそりとやり過ごそうとしていますが、ゴキブリを生きたまま「越冬」させないことが、来年のゴキブリを激減させるポイントなのです。

というわけで、ゴキブリ対策はこれからの時期、とくに9月、10月も気を抜けません。

ゴキブリはじっと待っている

家庭内に潜伏するゴキブリは「クロゴキブリ」「チャバネゴキブリ」の2種類。

いずれも気温25度以上で活発になり、夏にMAX元気になる。

それでは、気温が下がる秋以降には死んでしまうのかというと、そうではない。

じつはゴキブリは、そのまま部屋の片隅などにじっと留まって寒い冬を耐え、暖かくなる春を待っているのです。

ゴキブリなどの害虫駆除剤「バルサン」のウェブサイトにも

「一般的に、春~夏にかけて害虫駆除をされる方が多いのですが、実は害虫駆除のポイントは「秋」であるといっても過言ではありません! ポイントを押さえた的確な駆除で、快適な生活を送りましょう」
バルサンHPより


とあります。

秋の繁殖を阻止する

家庭によく出るクロゴキブリは、冬の間は卵や幼虫の状態で生き延びています。

このため秋に繁殖できなければ、ゴキブリの越冬は失敗に終わるはずです。

そのため秋に幼虫や成虫を徹底的に駆除しておけば、来春のゴキブリの数をかなり抑えることができるなずなのです!!

実は、ゴキブリを駆除するのに秋はとても重要なタイミングなのです。

ゴキブリをしっかり退治するなら、黒または赤のバルサンによる「お部屋まるごと退治法」がオススメです。

また、ゴキブリ以外の衛生害虫にも幅広く効果が得られます。

バルサンの一覧表(バルサンのHPより)

バルサンは楽天でも購入することができます。

季節ごとの対処法

3月~5月(先制駆除)

先制駆除とよばれ、活動前の退治対策が効果的です。

7月~8月(最盛期対策)

最盛期対策とよばれ、最盛期には外からも侵入してくるので、見つけ次第徹底的に退治します。

9月~11月(越冬対策)

越冬対策とよばれ、冬の繁殖を抑えます。

生き残りを越冬させない工夫が必要。

まとめ

ゴキブリは暖かくなる時期をじっと待っています。

夏が過ぎてみなくなったからと言って、死んだわけではありません。

秋にしっかりとどめをさして、少しでもゴキブリを減らそうではありませんか!

  • 人気ブログランキング

タグ:

カテゴリ:9月 10月 ゴキブリ対策 

ゴキブリ対策~柑橘編~

目安時間:約 2分

ゴキブリは柑橘類が嫌い

柑橘類とはレモン・オレンジ・みかん・ポンカンなどです。

オレンジやみかんなどは果物として食べてもおいしいですね。

ゴキブリはレモンが嫌い

レモンの臭いなどは、ゴキブリが嫌いな避ける臭いです。

レモンの香りは、時としてゴキブリに致命的なダメージを与えるほど強力な作用があり、例えば、ゴキブリがレモン汁を浴びると、脚が激しくけいれんします。

レモンの香りを使った洗剤もあるので、ゴキブリの出そうな時期にはレモンの洗剤などを使うのが良いでしょう。

参考画像


ゴキブリはオレンジが嫌い

レモンと同じ柑橘類に属するのがオレンジです。

ママレモンに比べて有名ではないのですが、オレンジを使った食器洗剤も少数ながら存在します。

レモンよりもオレンジの方が好みという方にオススメです。

参考画像


小ハエに注意

ゴキブリが柑橘類が嫌いであることから、オレンジの輪切りをそこらじゅうに置くのはオススメしません。

甘い匂いに誘われてコバエが寄ってくるのでうっとうしくなりますので、注意が必要です。

そのようなときのために、台所に置くだけで嫌な虫が逃げる忌避剤(きひざい)もあります。

参考画像


まとめ

ゴキブリが出たからと言って、台所で殺虫剤をばらまくのはまずいです。

なので、ゴキブリが出る時期には柑橘類の食器洗剤を使うとか、忌避剤を使ったりする方がいいです。

このような方法なら、安全に台所回りをゴキブリから守ることができますね。

  • 人気ブログランキング

タグ:

カテゴリ:6月 7月 8月 ゴキブリ対策 

ゴキブリ対策~総集編~

目安時間:約 4分

ゴキブリの出没を防ぐには、

①清掃をしてゴキブリの嫌いな環境を作る

②ゴキブリの侵入を防ぐ

③侵入したゴキブリを駆除する


ではそれぞれの項目について説明していきます。

ゴキブリの嫌いな環境を作る

ゴキブリのいそうな場所をくまなく掃除し、エサになるものを除去し、湿気があれば通気を改善します。

●冷蔵庫の裏や周囲

●流し台の中や周辺

●鉢植えの周辺

●引き出しの中

●棚の中

●ジュースやビールなどの空き缶・空き瓶は水すすいで捨てる

●天井裏や床下の掃除も行う。難しいようなら専門業者にお願いする。

ゴキブリの侵入を防ぐ


網戸を閉める

ゴキブリに限らず蚊やその他の害虫も飛んできたりするので、網戸は閉めることをオススメします。

また、網戸が破れていたり、劣化していたりしていた場合はホームセンターなどで材料を購入し、補修してください。

自分で補修ができない方はホームセンターで受け付ける場合もあります。

また、住宅の窓枠などは時間の経過とともに直角が保てなくなったりして、網戸枠と窓枠との間にスキマができてしまうことがあります。

例えば下側の角はピッタリ窓枠にくっついているのに、上側の角と窓枠には5mmくらいスキマができていたりします。

この状態でもゴキブリは入ってきてしまうので、どうしてもスキマができてしまう場合が、窓を閉めてエアコンを使う方がいいです。

玄関

玄関は開けっ放しにせず、なるべく閉めます。

通気をしたいのであれば、ホームセンターで玄関用の網戸を購入することをオススメします。

通風口・換気扇

通風口や換気扇には、ゴキブリが入ってこれないくらい目の細かい網を設置する方が良いです。

エアコンのドレインホース

エアコン編でも説明しましたが、ドレインキャップで対策します。

排水口

流しのやお風呂など排水口の奥の方ではトラップと呼ばれる構造になっており、そこに水がたまることで害虫の侵入を防いでいます。

長期間不在になる場合は、水分が蒸発してトラップの効果がなくなってしまうので、常に水を満たす必要があります。

対策としては簡単で、水を流すだけです。

排水管などの隙間

排水管は床材を貫通して施工されますが、施工時に穴は大き目に作られるので、スキマがある場合はパテやコーキング材で塞ぐといいです。

ホームセンターでご自宅の状況やDIYの経験の有無などを説明すれば適切な助言があると思います。

もちろん、外部とつながるすべての穴も同様に塞ぎます。

ハーブやアロマなどを設置する

ハーブ編アロマ編を参考に、ゴキブリ対策を行うことをオススメします。

直接対決する

これまでの段階で、室内にはゴキブリはいないはずですが、窓や玄関を開けた隙に室内に侵入する場合が考えられます。

最終手段ですが、ゴキジェットプロなどのスプレーで対応します。



即効性はあるのですが、ゴキブリと直接対決するのと、死ぬ寸前まで部屋中を動き回るのがイヤですが、我慢して対処しましょう。

地域の駆除活動

私の地域では毎年数回ゴキブリ駆除を行っています。

マンホールを開けて薬剤をかけるのですが、とてもいっぱいいるので気持ち悪いですが、我慢してやっています。

もし、このような駆除活動があれば参加することをオススメします。

まとめ

これだけやれば、ゴキブリが室内に侵入することはないでしょう。

ゴキブリのいない平穏な生活を送れるよう祈念します。

参考まで・・・

ゴキブリ対策関連記事はこちら⇒ゴキブリ対策

  • 人気ブログランキング

タグ: 

カテゴリ:6月 7月 8月 9月 ゴキブリ対策 

ゴキブリ対策~ブラックキャップ編~

目安時間:約 6分

ゴキブリ対策用の餌として有名なブラックキャップについて書いてみます。

ちなみに下のような商品です。

アース製薬による説明

7つの効果でしっかり効く。

1)置いたその日から効果が現れる速効成分フィプロニルを配合で餌を食べたゴキブリを速効退治

2)餌を食べたチャバネゴキブリが持つ卵にも効く

3)薬剤に対し抵抗力を持ったしぶといゴキブリにもしっかり効く。

もちろん大型ゴキブリも速効退治。どんなゴキブリにも効く

4)巣に潜むゴキブリにも効く。餌を食べたゴキブリはもちろん、そのフンや死骸を食べたゴキブリも駆除。

巣の中の幼虫や他の成虫もすばやく巣ごと退治

5)安心して餌を食べられる黒色容器。

ブラックシェルターの暗闇と、適度な隙間でゴキブリが警戒しにくい。

6) マルチエントランス容器。3つの入り口で、360度どこからでもゴキブリを誘い込む

7)部屋中くまなく置ける12個入り。たくさん置くことでゴキブリの殺虫効果がアップ。

アース製薬より引用

使用方法

●1個ずつ切り離してお使いください。

●容器を切り離す際には、容器が割れることがあるので、丸い面を上にして、ていねいに割り取ってください。

●台所の隅や流しの下など、ゴキブリの生息する場所に5m2あたり2~4個置いてください。

●一度に1箱(12個)全部お使いいただくとより効果的です。

●設置後、約6ヵ月間効果があります。

効果的な設置場所

●引き出しの中

●鉢植えの横

●冷蔵庫の周囲

●流し台の中や周囲

●棚の中

●洗面台の中や周囲

クチコミ

昔からあるのはゴキブリホイホイですが、ゴミ箱に捨てるときに、ゴキブリの触覚が動いているのが割とイヤという方にはオススメできる商品です。

効き目を含めたクチコミを以下の通り集めてみましたので、参考にしてください。

高評価のクチコミ

50代 女性

主要成分を見ると、こちらの12個入りが一番効き目が高いようです。

玄関、下駄箱、洗面所の上、ユニットバスの天井裏、押入れ、流し台の下、換気扇の近く、冷蔵庫の裏に設置しました。

ゴキブリホイホイなどは、見た目も大きいし、処分するときもイヤなので、誘引系のものは使いたくありません。

40代 女性

これを使いだしてから、ほとんどゴキブリを見ることはなくなりました。

60代 女性

数年前にブラックキャップを置いていたのですが、やはり効果が続くのは半年くらいのようです。

取り換えるのを忘れていたため、ゴキブリがうろついていていました。

新しく買い直して設置したら、すぐに効果が出たようです。

60代 女性

以前もブラックキャップを買ってとてもよく効いたので今回も置き換えように買いました。

効果が切れても慌てないように、予備も購入することをオススメします。

また、使い始めの年月日も書いておけば、交換の目安になります。

30代 女性

ウチでは猫が自家製のホウ酸ダンゴを舐めてしまうことがあるため、この商品に切り替えました。

本当に効果バッチリです。

30代 男性

ブラックキャップはマジきく

1年間全くゴキブリいなくなるから

低評価のクチコミ

30代 女性

ウチの場合はダメでした…。

この商品をいろんなところに置きまくりましたが、何日経っても死骸は発見されません。

それどころか小さな子供達を何匹も発見したので、どうやら増えてしまったようです。

この商品はどこのレビューサイトで見ても評価が高いので期待していたのですが、ガッカリです。

まとめ

ブラックキャップなどのような商品を使う前に、第一にゴキブリの侵入を防ぎ、部屋中のゴキブリが集まりそうな原因(20~32℃の温度、水気、餌)を取り除くことから始める方がよいです。

参考:ゴキブリ対策~嫌いなもの編~

このような商品は製品化の段階で何度も実験検証しているはずなので効果はあると思います。

いくら室内で対策をしても、外から入ってこられれば効果はないと感じることでしょう。

商品を買ってただ置くだけではなく、一度夏前に大掃除がてら点検することをオススメします。

販売サイトはこちら

ブラックキャップ 12個入り
by カエレバ
ブラックキャップ 屋外用 8個入[ブラックキャップ 殺虫剤 ゴキブリ用]
by カエレバ


参考まで・・・

ゴキブリ対策関連記事はこちら⇒ゴキブリ対策

  • 人気ブログランキング

タグ:

カテゴリ:6月 7月 8月 9月 ゴキブリ対策 

ゴキブリ対策~エアコン(防虫キャップも含む)編~

目安時間:約 1分

エアコンからの進入経路

エアコン付近からの進入経路として考えられるのは以下の3カ所です。

ドレインホース

室内機で発生した水を屋外に直接排水しますので、ドレインホースの先端からは室内機で結露した水が出てきます。

ドレインホース

ドレインホースの内径は直径約10mmくらいなので、これより小さな虫なら侵入する可能性があります。

ストッキングで一時しのぎが可能

一時しのぎとしてストッキングを水の出口にかぶせるという方法がありますので、夜間などホームセンターが閉まっている場合には有効な方法です。

ただし、埃などで目詰まりして排水ができなくなると、ドレインに水がたまっていき、室内機から水が溢れることがあります。

ゴキブリを含め、虫の侵入を防ぐために数種類の防虫キャップがホームセンターなどで売っていますので、購入することをオススメします。

なお、購入の際にはドレインホースの内径を測って店員さんに相談すれば適合する商品を勧めてくれると思います。

ドレインキャップ参考例①



ドレインキャップ参考例②

冷媒管と外壁との隙間

冷媒管を通すために直径70㎜ほどの穴を開けて冷媒管を通しますが、この時にできる隙間は必ず防がなければなりません。

ここを塞がないと、雨はもちろん虫なども侵入してくる可能性があります。

冷媒管と外壁との隙間

この隙間を埋めるにはエアコン専用パテ(100円~200円)を使うことが多いです。人によってはシリコンを使う人もいます。

シリコンはコーキングガンという専用工具が必要であることと、シリコン自体が垂れてくるので周囲を汚しやすい欠点がありますので、私はパテをオススメします。

上の写真ではウチのオヤジがシリコンを使ってテキトーに施工したため、汚い仕上がりになっています。

エアコン専用パテ参考例

冷媒管と内壁との隙間

外壁側をしっかり塞いでいれば室内側は不要ですが、どうしても心配という場合は屋内側を塞ぐのもいいです。

下記写真は私の部屋のエアコンですが、ご覧のとおり隙間は埋めていません。

外壁側をシリコンで塞いでいますので、ゴキブリの侵入はこれまで一度もありません。

冷媒管と内壁との隙間

まとめ

ドレインと壁との隙間を塞げば虫の侵入を防ぐことができます。

ドレインキャップが500円くらい、パテが200円くらいで簡単に取り付けができるのでオススメできる対策です。

参考まで・・・

ゴキブリ対策関連記事はこちら⇒ゴキブリ対策

  • 人気ブログランキング

タグ: 

カテゴリ:6月 7月 8月 9月 ゴキブリ対策 

ゴキブリ対策~嫌いなもの編~

目安時間:約 3分

ゴキブリは、形や動きだけでなく、病原菌を媒介するという衛生面からも、なるべく遠ざけたい存在です。

ハーブや殺虫剤を使う方法もありますが、そもそもゴキブリが嫌う環境を作ることができれば、ゴキブリは近寄りにくくなります。

といわけで、今はゴキブリが嫌いなものについて総論ということで書いていきます。

ゴキブリが嫌いなもの

寒さと暑さ

ゴキブリには活動するのに適した温度があって、おおよそ20~32℃くらいで、この気温より暑くても寒くても活動が鈍ります。

6月~9月頃はだいたいこのような気温になるので、活動が活発になります。

乾燥

乾燥していると、水分補給ができず、いずれは死滅してしまいます。

餌がないこと

動物の死骸や嘔吐物、ゴミ、皮膚の垢なども餌にしてしまうので、常に清掃をしておくことが望ましいです。

だから人家に入ってくる

上で列挙したのはゴキブリの嫌いな環境なのですが、その反対に好きな環境というのがヒトの住宅とバッチリ重なってしまうのです。

ゴキブリが人家に入ってくるのは、

暑さや寒さから逃れる

食べ物や繁殖相手を探す

餌や水分を得る

という理由があります。

ゴキブリの敵

クモ

クモは見た目は気持ち悪いですが益虫であり、ゴキブリを捕食します。

ヤモリ

沖縄でよく見られ、見た目は気持ち悪いですがゴキブリを捕食します。

形はトカゲに似ており、色は薄い灰色で、人間に向かうとか、襲いかかってくることはありません。

※イモリは黒くて水辺にいるものでヤモリとは異なります。

ネコ

カサカサ動くゴキブリを見て飛びついていき、おもちゃにして遊び殺します。

当然ながら食べたりしません。

トリ

ハエ叩きで殺したゴキブリの死骸をトリが食べていたのを見たことがあります。

死骸だけではなく、生きている場合でも食べていると思われます。

ハーブやアロマなどの香り

ハーブアロマの項目でも説明しましたが、これらのニオイに対して苦手です。

家の出入口やベランダなどはハーブで防御したり、室内はアロマの香りでゴキブリに嫌がらせをするという方法もいいですね。

まとめ

私たちが清掃などをして、ゴキブリの嫌いな環境を作り維持することで、ゴキブリと遭遇する可能性を低くすることができます。

確認:ゴキブリの嫌いな環境とは

寒さと暑さ

乾燥していること

餌がないこと

参考まで・・・

ゴキブリ対策関連記事はこちら⇒ゴキブリ対策

  • 人気ブログランキング

タグ: 

カテゴリ:ゴキブリ対策 

ゴキブリ対策~アロマ編~

目安時間:約 4分

精油がゴキブリを遠ざける

昔からハーブも害虫駆除剤として使われており、効果もありますが、

実はアロマの方がハーブよりも香りが強いので効果はアロマの方が高いのです。

アロマの中でも、強い香りの方が効果的です。

ただし、勘違いしそうですがゴキブリが嫌がっているのは香り自体ではなく、香りの成分である精油(エッセンシャルオイル)です。

香りの強さと効果

アロマオイルのみで使用する

アロマオイルは空気に触れると少しずつ蒸発して香りを放つことで、忌避剤としての効果を発揮します。

水に薄めて使う場合は水20mlほどににアロマ数滴程度でも十分効果を発揮します。

原液のまま利用する場合は水で薄めるよりは効果が高いのですが、その分割高になります。

エタノールも併用する

アロマオイルの揮発性をエタノールで更に高めることができ、香りが一層強く遠くへ広がります。

このため、持続時間は短くなりますが、広い範囲に効果を発揮します。

この場合はコスト高になるのが気になります。

100均のアロマオイルはどうか?

消耗品であることを考えると、ダイソーやセリアなどのお店で買いたくなります。

しかし、これらのお店で売っているアロマオイルは、成分が合成香料であることが多く、精油が含まれていない場合があります。

精油でなければ忌避効果は期待できないので注意が必要です。

オススメの香りは

個人的に好きな香りを選ぶとよいでしょう。

例えばラベンダー・ペパーミント・レモンなどは気分によって選ぶことができます。

また、ベランダでハーブを栽培している場合は、香りがケンカしないような組み合わせにしましょう。

アロマ以外のゴキブリ駆除

ハーブなら花などの代わりとしてベランダで栽培すればいいのですが、

アロマで駆除する方法は意外とコスト高となる場合があります。

そうなると、ゴキブリ駆除に特化した以下のような商品を利用するのもいいと思いますよ。

ゴキブリ駆除を外注

ゴキブリ退治をダスキンのプロにおまかせできます。

詳細はこちら⇒ダスキンのゴキブリ(害虫)駆除サービス

ゴキちゃんグッバイ

大手居酒屋チェーンでの駆除実績が約95%の脅威の駆除実績を誇る人気のゴキブリ駆除薬が「ゴキちゃんグッバイ」です。

ゴキブリの死骸を見るのもイヤという方にもオススメで、ゴキブリの一家を全滅させるほどの威力があります。

さすが、専用に開発された製品です。

詳細はこちら⇒【ゴキちゃんグッバイ】業務用ゴキブリ駆除薬

ムシさんバイバイ

材料は天然コパイバ、青森ヒバ等の植物精油、天然樹木抽出水等なので子どもやペットにも安全です。

もちろんゴキブリ以外の虫よけ、防虫対策としても使うことができます。

詳細はこちら⇒ムシさんバイバイ

まとめ

アロマは空気中にどんどん消えていくので、コスト高となりそうなことと、女性の香水と同じで、香りがキツイとか好きな香りではないなど、訪問者にとっては合わない場合があります。

というわけで、私にとってはイマイチかと思います。


参考まで・・・

ゴキブリ対策関連記事はこちら⇒ゴキブリ対策

  • 人気ブログランキング

タグ: 

カテゴリ:6月 7月 8月 ゴキブリ対策 

ゴキブリ対策~ハーブ編~

目安時間:約 3分

ハーブではゴキブリを殺せない

まず確認したいのですが、殺虫剤と違ってハーブにはゴキブリを殺す力はありません

しかし、「ゴキブリを見るのもイヤ」「殺虫剤を室内に撒きたくない」という方にとっては、ハーブではゴキブリを遠ざけることができればラクですね。

ハーブをどうやって使う?

栽培する

ベランダで栽培します。ただし、1鉢だけとかではさすがに効果はほとんどありません。

効果があったという体験をした方は20~30種類を大量に育てていたとのことです。

乾燥させたハーブを家の中に

ベランダや玄関でハーブを栽培することで、一応入口を守ることはできました。

そこで、今度は室内ですが、乾燥させたハーブをティッシュなどで包んでゴキブリの出そうな場所に配置しておく。

どのハーブが効果がある?

ミント・ハッカ

清涼感あふれる香りでおなじみのミントは、お菓子や飲料、化粧品、そのほか多くのものに利用されており、身近なハーブです。

ゴキブリよけに使うなら、メントール臭や苦味が強いニホンハッカの方がよさそうです。

ただし、ニオイなどが強いため、料理やお茶などには適しません。

レモングラス

タイ料理のトムヤムクンや、インド料理や東南アジア料理のスープやカレーなどに使われていることで有名です。

レモンに似た香りでリフレッシュ効果があります。

ラベンダー

神経を安定させる作用があるため、ストレスを感じやすい人や気分にムラのある人にもおすすめです。

ニーム

人や農作物には害がなく、さまざまな種類の害虫に効果があるといわれています。

インドでは大昔から虫下しや胃薬、歯磨き、虫除けなど、民間の治療薬として広く使われてきました。

ユーカリ

ユーカリはコアラの木として有名です。

センテッドゼラニウム

センテッドゼラニウムはシトロネラールという成分を含有するため昆虫忌避作用があります。

昆虫にとっては嫌な匂いですが、人間にとっては不快な香りではありません。

まとめ

部屋の中で殺虫剤を使いたくない、という方にとってはハーブでゴキブリの嫌いな環境を作るというのは有効です。

さっそくホームセンターの園芸コーナーへGOです!



参考まで・・・

ゴキブリ対策関連記事はこちら⇒ゴキブリ対策

  • 人気ブログランキング

タグ: 

カテゴリ:6月 7月 8月 ゴキブリ対策 

ページの先頭へ