成田山の混雑具合

目安時間:約 4分

京成成田駅から徒歩10分のところにある成田山新勝寺はの初詣客数は約280万人前後で、明治神宮に次いで全国2位です。

当然混み具合もすごくて、交通規制や駐車場も駐車できる数に制限があります。このような人が多く集まるところには、電車やバスなどの公共交通機関がいいです。わざわざ車で渋滞している道路で運転するのはとても疲れるし・・・

といわけで成田駅から成田山新勝寺までの道順は以下のとおりで、駅から新勝寺までは距離的には1.1kmで14分くらいかかります。なお、正月期間中は混雑しているので、もっと時間がかかります。



大きな地図で見る

さて、成田山でできることをリスト化するとこんな感じ

①初詣

②お守りとかを買う➡成田山の公式ページで確認http://www.naritasan.or.jp/pray/omamori_search.html

③参道でうなぎ丼を食べる

④国の重要文化財の勉強もしてしまう

⑤成田山公園で休憩

①まずは初詣

まぁここはフツーに賽銭箱にお金を入れて、神様にお礼&お願いをしておわり

②お守り

お守りも身代わり系、交通安全系、健康長寿系など多数あるので、事前に成田山の公式ページで確認するのをオススメします。http://www.naritasan.or.jp/pray/omamori_search.html

③参道でうなぎ丼を食べる

このあたりでは、川豊と菊屋が有名で、場所はココ⬇



大きな地図で見る

④国の重要文化財の勉強もしてしまう

さて、どうせ初詣にいくなら少し見どころも知っているともっと面白いとおもうので、ここで見どころの紹介です。バシバシ撮影することをオススメします。

仁王門

国の重要文化財で、参道からの急な階段の途中に建っています。1830年(天保元年)の建立。

三重塔

国の重要文化財で、大本堂の手前右手に建つ。建立は1712年(正徳2年)。

軒裏には垂木を使用せず、雲文を刻んだ板で軒を支える板軒となっており装飾が豊かな塔である。

釈迦堂

こちらも国の重要文化財。大本堂左手の広場に建つ1858年(安政5年)建立の旧本堂で、屋根正面に千鳥破風を付いていたり堂の周囲には十四孝と五百羅漢の浮彫が施されている。

額堂

国の重要文化財で、大本堂左裏の階段を上った先の平地に位置する。1861年(文久元年)に建立。絵馬を掲げるための建物ではあるが、掲げてある絵馬が普通サイズよりも巨大で重いため、強い余震により落下する危険性があるため立立入り禁止となっている。

光明堂

こちらも国の重要文化財で、1701年(元禄14年)建立。釈迦堂が本堂になる前の旧本堂でもある。

愛染明王・不動明王・大日如来がここにあり、愛染明王が祀られた右側は自由に立ち入り可能。

平和大塔

「平和の大塔」ともいい、境内の一番奥に建つ、鉄筋コンクリート造、高さ58.1mで、1984年の建立。

見た目は二重塔だが実は5階建てで、全館立ち入り自由。ただし1階以外は土足厳禁なので、きをつけること。

ここの2階・5階では自分の守護仏を拝む事が出来る。

また地下には各国から寄せられた「平和へのメッセージ」が入ったタイムカプセルが埋められており、2434年に開封予定。

⑤成田山公園で休憩

165,000㎡の敷地面積を誇るこの公園は、「仏教の生きとし生けるものすべての生命を尊ぶ」という思想が組み入れられた設計となっています。

しかも、公園内には松尾芭蕉や高浜虚子などの句碑があったりして、国語の授業で出てきたのを思い出しながら見て回ると面白そうです。

  • 人気ブログランキング

タグ: 

カテゴリ:初詣 年末年始 

ページの先頭へ